2007年02月19日

★ バトルスター・ギャラクティカ #3.15 - A Day in the Life

シーズン3 第15話「ある1日」

今日はアダマ提督にとって、亡き妻キャロラインとの思い出の結婚記念日。だが任務のために家族を犠牲にし、家庭崩壊させてしまったことをも思い出させる、毎年必ず訪れる辛い一日でもあった...。

そんな日に、故障したエアロックの修理をしていたチロルとキャリーが閉じ込められる事故が起きた。外壁に空いた穴から空気が漏れており、二人の生命に危険が迫るが、どうしてもドアを開けることができない。危機の迫ったチロル夫婦に、過去の自分の姿を重ねて見てしまうアダマは、なんとしてでも二人を救い出そうとするのだが...。

GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 2
posted by キント at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン3
2007年02月12日

★ バトルスター・ギャラクティカ #3.14 - The Woman King

シーズン3 第14話「父として、兵士として」

惑星サジタロンの難民たちがギャラクティカに収容されることになり、カール "ヒロ" アガソンが責任者に選ばれた。その多くが病気にかかっていたが、現代医学を信じないサジタロン人は、診察させようとしない。サジタロン出身のアナスタシア "ディー" デュアラの説得により、ロバート医師の診察を受けることを渋々了承したサジタロン人たちだったが...。

まず、キング夫人が息子が亡くなったとヒロに苦情を申し立てに来た。早く診察させないからだと答えたヒロだったが、キング夫人はロバート医師に殺されたのだと言う。そして、その後も次々と他の人たちも家族が殺されたと言い出した。殺気立ったサジタロン人からロバート医師を救ったヒロだったが、やがて自分自身も疑問を抱くようになる。アダマ提督らに訴えるが、まともに取り合ってはもらえず、ロバート医師と仲の良いタイ副長とは対立が深まる。

仕方なく独りで真相を探っていたヒロは、やはり以前からロバート医師にかかった患者のうち、サジタロン人の死亡率が異常に高いと気づく...。

GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 2
posted by キント at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン3
2007年01月30日

★ バトルスター・ギャラクティカ #3.13 - Taking a Break from All Your Worries

シーズン3 第13話「選ばれし者」

チロルに捕まり、ギャラクティカの営倉に放り込まれたバルター。首を吊って自殺を図ったバルターは、サイロンのレザレクション・シップで目覚めるのだが...。

間一髪で助けられ、息を吹き返したばかりのバルターにも、ロズリンは容赦しない。サイロンの情報を喋らせるため、アダマは危険な自白剤を注射し、バルターを尋問するのだった。

夫リーがカーラのことを愛していると確信したディーは、ついに離婚を口にする。一方、カーラもリーとの関係を知った夫アンダースから別れを切り出されてしまう...。

* * *

うむぅ〜、ネタバレしないように書こうとすると、ホント中身の無い紹介になっちゃいますね。

GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 2
posted by キント at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン3
2007年01月22日

★ バトルスター・ギャラクティカ #3.12 - Rapture

シーズン3 第12話「5つの光」

サイロンが惑星に向かう援軍を引き返させたため、アダマ提督は核ミサイルの発射を寸前で中止した。その頃、娘ヘラに会う方法はこれしかないと、シャロンは夫カールに頼んで自分を殺してもらう。サイロン船内で再生したシャロンは、ナンバー6の協力を得て、ヘラを連れてサイロン船からの脱出に成功する。

遺跡を守るため持ち場を離れられないリーは、妻ディーにカーラ救出に向かうよう命令する。妻である自分に、命懸けでカーラを助けに行かせるのかと心中複雑なディー。たった一人で墜落現場にたどり着いたディーはカーラを発見するが、ラプターは壊れて飛べなくなっていた。

スーパーノヴァが起きたため、惑星からの退却命令が出された。「ジュピターの目」の秘密を解き明かせなかった事を悔やみながら脱出するチロルたち。その隙に遺跡に潜入したサイロンとバルター。そして、スーパーノヴァの影響で「ジュピターの目」がついに現われる。だがディアナの目的は地球への道を知る事ではなく、残り5名の人型サイロンの正体を知る事だった。眩い光の中で5名の顔を見たディアナだが...。

* * *

シーズン3後半スタートにふさわしい盛り上がりで、ホントはもっと書きたいことが色々あるのですが、ネタバレなので仕方なく控えました。

GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 2
posted by キント at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン3
2006年12月18日

★ バトルスター・ギャラクティカ #3.11 - The Eye of Jupiter

シーズン3 第11話「ジュピターの目」

尊い犠牲を出しながらも、ようやくたどり着いた惑星で食料を採集するリーたち。その最中、チロルは 「ジュピターの目」 と呼ばれる遺跡を発見。預言書によると、それは地球への道を示してくれるものらしい...。

報告を受け、喜んでいたアダマやロズリンだったが、そこにサイロンの母船が4隻も現れる。民間船をジャンプで逃がし、惑星軌道上に一隻だけ残ったギャラクティカ。しかし、サイロンは攻撃してこず、代わりにバルターやディアナが特使として乗り込んできた。サイロンの目的も 「ジュピターの目」 であり、大人しくそこを明け渡せば、人間に攻撃は加えないと言うディアナ。だがそうすれば地球の位置を知られてしまうと、アダマが取引を断ったため交渉は決裂する。

その間、外で待機していたアセナは、自分と同タイプのシャロンから娘ヘラが生きて母船に収容されていると聞かされる。アセナから事情を聞いたアダマは、ロズリンが赤ん坊を取り替えて、隠していたことを知るのだった。

密かに惑星にロボット兵センチュリオンを上陸させたディアナは、遺跡を守るリーたちを襲撃しようと企んでいた。ラプターで上空から偵察中、センチュリオンを見つけたカーラは、ミサイル攻撃を受け墜落。妻カーラ救出に向かうと言うアンダースと、遺跡の死守を優先するリーが対立。その時はるか上空では、リーたちを犠牲にしてでもサイロンを 「ジュピターの目」 に近づかせないよう惑星ごと破壊してしまおうと、アダマは核ミサイルの発射命令を出していた...。

* * *

うぉぉ! いい感じで盛り上がったところで「続く」って...。しばらくお休みに入り、再開は来年の1月21日だそうです。約1ヶ月なので、まあまあいい方ですね。

GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 2
posted by キント at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン3

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。