2007年03月12日

★ バトルスター・ギャラクティカ #3.18 - The Son Also Rises

シーズン3 第18話「惜別」

艦隊に衝撃を与えたスターバック(カーラ)の死。中でもアポロ(リー)、アダマ提督、そしてアンダースの3名は、まだそのショックから立ち直れないでいた...。

そんな折、2週間後に開かれる裁判を前に、バルターの弁護人が爆破テロで暗殺される事件が起きた。身の危険を恐れ、誰もバルターの弁護を引き受けしようとしない中、ランプキンという男が代わりの弁護を買って出た。父アダマからランプキンの警護を任されたアポロだが、それが全く気に入らない。警護は重要な任務だと言うが、スターバックの死のせいで、集中力を欠いていた自分を、パイロットのリーダーから外したのが明らかだったからだ。しかし、この風変わりな弁護士ランプキンと接するうち、アポロは自身の心境の変化に気づき始める。ランプキンが、弁護士であった祖父ジョセフの弟子だったことも知るアポロ。かつては自分も祖父のようになろうと、弁護士を目指していたこともあった。

そんなアポロの警護も空しく、ランプキンは部屋を爆破され負傷してしまう。医務室を見舞ったアポロは、ランプキンのバッグの中を見て驚く。その中にはロズリン大統領のメガネやアダマの制服のボタンなど、色んなものが詰まっていた。盗癖を認めたランプキンと談笑しながらバッグを探っていたアポロは、爆破テロに使われた爆弾の部品を発見。ランプキンは、それが何かは知らずに盗っていたが、誰から盗ったかはハッキリと覚えていた...。

GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 2

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへランクアップにご協力お願いします

posted by キント at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35805388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。