2006年10月07日

★ バトルスター・ギャラクティカ: The Resistance #10

『THE RESISTANCE/ニュー・カプリカの叛逆』第10話

ニュー・カプリカ警察に入ることにしたとチロルに告げるダック。それはレジスタンスを取り締まるため、サイロンが作った組織だった。そんなものに加わるつもりかと怒るチロルだが、ダックは教会が襲われたのは、誰かがサイロンにわざと情報を流したからだと疑っていた。それが誰かを探り出し、妻を死なせた責任を取らせるために、わざとサイロンの懐に潜り込もうとしているのだった。

教会での惨劇は確かに犠牲者も出したが、そのおかげでサイロンを憎み、レジスタンスに加わりたいという者が増えてきた。さらにメンバーを増やそうと考えたタイは、新たに爆破テロを計画する。以前からタイのやり方に反感を持っていたジャマーは、テントを抜け出し、一人でどこかに向かって歩き出す...。

* * *

今回が最終回です。次回からはシーズン3を紹介します。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへランクアップにご協力お願いします

posted by キント at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: The Resistance
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。