2006年03月10日

★ バトルスター・ギャラクティカ #2.19 - Lay Down Your Burdens, Part 1

シーズン2 第19話「審判の日(前編)」

悪夢にうなされていたチロルは、起こしに来たキャリーを反射的に殴りつけ、重傷を負わせてしまう。キャヴィル神父のカウンセリングを受けることになるチロル。毎夜同じ悪夢を見るというチロルに、キャヴィルはその原因はチロルが自分自身をサイロンではないかと疑っているからだと言うのだが...。

スターバックは12機の哨戒艇を率い、惑星カプリカに取り残された人々を救出に向かっていた。だが、その中の1機がジャンプの座標を間違い、仲間とはぐれてしまう。知らない場所に出てしまい戸惑っていたが、目の前には未知の惑星があった。調べてみると、空気もあり人間が居住可能な惑星だと分かった。

大統領選挙の討論会で劣勢に回っていたバルター陣営は、この最新ニュースに飛びついた。あくまでも預言書の通り地球を目指すというロズリンに対し、バルターはこの新たに発見された惑星に永住しようと呼びかける。逃亡生活に疲れていた人々の支持は、一気にバルターに集中する。

その頃、惑星カプリカに到着したスターバックは、ついにアンダースと再会を果たすのだが...。

* * *

キャヴィル神父を演じるのはディーン・ストックウェルなので、今回だけ登場のチョイ役だとは思えません。次回はいよいよシーズン・フィナーレです。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへランクアップにご協力お願いします

posted by キント at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14560838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。