2006年03月06日

★ バトルスター・ギャラクティカ #2.17 - The Captain's Hand

シーズン2 第17話「ペガサスを継ぐ者」

ギャラクティカに運ばれたコンテナの中に、ライアという妊娠している少女が隠れていた。彼女の故郷 惑星ジェムノンの法律では未成年者は親の所有物であり、親の意思には逆らえない。そこで、ギャラクティカで堕胎手術を受けたいと逃げて来たのだ。ライアを親の元に返すか? 堕胎を認めるか? 大統領選挙を控えたロズリンにとって、それは難しい選択だった。そしてバルターはトム・ザレックと手を組み、ロズリンの失脚を計る...。

ペガサスの新艦長となったガーナーは、元々は機関室主任。一抹の不安を覚えたアダマ提督は、アポロを補佐役としてペガサスに乗艦させる。そんな折、訓練中の哨戒艇が消息を絶った。調査により、訓練中に救難信号をキャッチし、ジャンプで救助に向かったのだと分かる。ガーナーはすぐ救助に向かおうとするが、サイロンによる偽の救難信号かも知れないとアポロは反対し、アダマも救助作戦の中止を命じる。しかし、その命令に従わずペガサスをジャンプさせてしまったガーナー。やはり、そこに待っていたのはサイロンの母艦だった。いきなり核攻撃を受け、ジャンプ機能を失ったペガサスは、ただの動かぬ標的と化してしまう...。

* * *

そんなこんなでペガサスの艦長となったアポロ、大統領に立候補するバルター...など、シーズン・フィナーレに向けてまた盛り上がって参りましたっ!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへランクアップにご協力お願いします

posted by キント at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | BSG: シーズン2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。